スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙ヨリ帰国。

鳥屋部希望。

ボリビアから帰国しました。

あっという間の2年間。

うん、2年だったはずなんです。

なのに、私はとっても浦島太郎。

私はタイムスリップしてしまったのか、はたまた他の星に来てしまったのか。



女の子の淡色ヒラヒラ膝上スカート → 80年代アイドル

黒縁おしゃれメガネ プラス 黒髪の青年 → 昭和時代のお父さん

AKB48 →  モーニング娘。 


それにしても、みんな細い、白い、かわいい。

道端のおばちゃんでさえ、おしゃれ。


そりゃあNIKEの穴あきよれよれTシャツで買い物行かないよね。

おばちゃんいくら暑くても、ブラ一丁で庭先でないよね。

学校にビーサンで行かないよね。

ビニール袋にソーダ入れて飲まないよね。


ここはどこ?  私はどこの人間??


ついに友達までに敬語でしゃべっちゃう始末。

テンパります。

お願い。徒歩で1時間歩いてきたって言っても、引かないで。



ワタシハ宇宙カラ帰国シタ。
スポンサーサイト

Juegos Estudiantiles 全国競技大会オキナワ予選


活動も終盤になってきた。

最後の大きな活動となる全国競技大会オキナワ予選が始まった。

オキナワ予選通過し、県予選、県大会、全国大会と駒を進めることができる第一歩。

私が指導してきた高校のチームも参加。


もちろん。

勝つ自信はある。


その日は審判を朝から晩まで勤めなければならなかったので、

生徒たちの結束力を信じて、応援や指示は一切せず、見守ることにした。

IMG_2065_R.jpg


私の活動開始から2年。同じく、私の配属しているスポーツ・文化部の本格的な活動開始から1年半。

このオキナワ予選をオキナワの人間のみで行うことも大きな課題だった。

去年までは外部から審判を雇い、多額の出費もしなくてはならず、運営点でも大きな問題があった。

でも今年は!!

Don Carlos 率いる 私たちスポーツ部

Carlos Cuellar
Fernando
Joselo
Aracely
Nozomi


の絶妙なコンビネーションにより、身内での運営に成功!!

本当にみんなのおかげです。

P1130688_R.jpg


バスケットの結果はもちろん、私たちが指導したチームの圧勝でした。


バスケット初心者から始まり、

話を聴く姿勢が保てなくて、

用事があるといってはサボったり、

私と彼らのお互いの違いが理解できなくて衝突したり、

それでも少しずつ続けてきたバスケット。


今年からカルロスの助けによって、

バスケットの理解は更に深まり、

2年前、不良少年で力を有り余らせていた彼らは、

すばらしい選手に育った。


IMG_2091_R.jpg

失敗を他人のせいにはするときもあるけど、みんなの勝ちたいという想いが、チームを強くしていった。



P1130694_R.jpg

こうして、オキナワ予選も無事終了。

IMG_2076_R.jpg

おつかれ。
次は6月14日 Guarayo での県予選だー!

Somos Unidos 私たちは繋がってる


サンタクルス市の会場で。

私たちボランティア一同でイベントを開いた。

その中の一つのブース。

「東北大震災の被害を受けた方々への応援メッセージを書こう!」

日本から送られた震災の状況を写した写真や震災当日の号外の新聞を展示し、

震災の現状を知ってもらい、地球の裏側から日本を応援しよう!

というブースをつくった。

P1130574_R.jpg


実際ボリビアのニュースでも大々的に連日報道されてきた世界的な出来事。

地球の裏側から私たちは何も手助けすることはできない。

でも。少しでも何かできれば・・・・・

P1130595_R.jpg



来場してくれたボリビア人にこの現状を知ってもらい、メッセージを書いてもらう。

そして私たちがその文章を日本語に訳し、その日本語をボリビア人に模写してもらう。

私たち日本人が書くよりも気持ちが伝わると思うから。


たくさんの来場者の人たちが「ぜひ私もメッセージを送りたい!」と

ブース終了時刻になっても人の波は途絶えることはなかった。

P1130589_R.jpg





217643_186149924763969_100001068894153_469780_4960564_n_R.jpg
「がんばれ日本!私たちは支えます。親愛を持って。」


208687_186151704763791_100001068894153_469794_4881512_n_R.jpg
「がんばれ日本!」

215744_186153438096951_100001068894153_469804_3471336_n_R.jpg
日本は神の信頼を得ています。神はいつもそばに。




少数のボランティアの発案で始まった大きなプロジェクト。
協力してくれたボリビア隊のみんなのおかげで、会場にはたくさんの来場者が訪れた。


終盤、ボランティア全員と会場に足を運んでくれたボリビア人みんなで

We are the world スペイン語バージョンを歌った。

「Somos el mundo」

小さな会場に響く、大きな合唱に込められた想いが少しでも届けばいいのにな。

被害を受けた人々の支えになれなくても、助けに行けなくても、

せめて、今できることを。

P1130594_R.jpga>


がんばれ日本!!

鳥屋部の一日


朝7:50 自宅から職場へ出勤

P1030030_R.jpg


オキナワの中心の公園を通って行きます。

P1030061_R.jpg


午前9:00 近くの村での授業 暑い日差しの中 みんな週一回の体育を一生懸命やります。
P1130314_R.jpg


午前11:50 今日は3月生まれの職員の誕生日のお祝い コーラと超甘いケーキで Salud!(乾杯!) 
P1130220_R.jpg


午後 2:00 午後の活動場所に向かいます。
P1030058_R.jpg


日本ボリビア会館(通称:ニチボ)で
P1030032_R.jpg


日系のおじいおばあのデイサービスのお手伝い
今日はみんなで水中ウォーキング

P1130312_R.jpg

午後6:00 学校の高校生と部活動

午後8:00 地域の日系婦人会のバレーボールの練習

P1030080_R.jpg

午後10:30 
一日 終了です・・・・・Zzzzz・・・・・

カルナバル2011

2月の初めの話。

旅行にでました。

暑い暑いオキナワから、標高いっきに4000M。体調壊しながらも、なんだかんだ大好きな高地へ

今回は日本から友達が遊びに来たこともあり、ポトシという町で待ち合わせ。

スペイン語ゼロに近いのに、よくぞまあここまできたものです。

その頃のボリビアはカーニバルの時期でした。

カーニバル。

カーニバルの4日間。ボリビアは狂喜の国と化す。

カーニバルは別名、水かけ祭りとも呼ばれる。

簡単にルールを説明します。


ルール1 水を老若男女、誰にでもぶっ掛けてよし。もちろん参加条件もなし。

ルール2 集中攻撃、不意打ち、返り討ちなんでもあり。

ルール3 地域によって、泥水、色水、泡スプレーと投げられるものは異なる。

ルール4 外国人観光客は餌食にされやすい。

ルール5 怒ったら負け。



なんでこんな文化があるのか。この4日間はスーツ着たってドレス着たって汚される。

要するに、「やられたくなきゃ外出るな。」だ。


そんな大騒動な時期に来てしまった私の友達。

すでに街はカーニバル。音楽隊の演奏に合わせ、踊りが始まっている。

P1130130_R.jpg

みんな日ごろの鬱憤を晴らすかのように、スプレーや水風船の嵐。

P1130123_R.jpg

チニーター!!(中国の女の子ー!)
もう南米来ちゃえば、日本人も中国人もみんな一緒。振り返れば、水風船の剛速球!!!

「ぎゃー!!」もう本気避け!!!

もちろんチニータも負けませんよ。
人に水をぶっ掛けるなんてことしたら絶対怒られるっていう日本人らしい先入観があったけど
次第にそんなこと考える暇もなく、スプレー缶持って、反撃反撃。


P1130139_R.jpg

もう外出れば、すぐに狙い撃ち。本当に気の抜けない4日間で、毎日ぐったり・・・・

おいしいご飯にありつくのも一苦労・・・・・


ではここで、ボリ飯コレクション

P1030004_R.jpg
牛肉をしっかり煮込んだお粥 
10ボリビアーノス(150円)

P1130074_R.jpg
ピカンテ デ ポヨ 鶏のピリ辛煮 高地の定番食!!

P1020970_R.jpg
ボリビアを代表する食べ物 ピケマチョ
牛肉 たまねぎ ポテト ピーマン トマトをピリ辛に味付けした 特大の一皿 おススメです。

P1130138_R.jpg
デザートにどうぞ。タワタワ 揚げた生地に蜂蜜をたっぷり。ポトシの銘菓。


続いて、友人が見たボリビア写真をどうぞ。

P1020664_R.jpg
親子に見える。

P1020717_R.jpg
3600m首都ラパス

P1020820_R.jpg
ウユニ塩湖の夕日

P1130080_R.jpg
市場の野菜たち



P1020951_R.jpg
最後に、市内のバスとの交渉中の私。




プロフィール

NozomiToyabe

Author:NozomiToyabe
千葉県出身。
沖縄の名護市から飛んで南米はコロニアオキナワへ。
ボリビアで体育隊員として活動中。帰国の日が近づいて来る中、私ができることって何!?日々奮闘中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。