スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オキナワ予選

3日間にわたるオキナワ地区予選会!

始まって、終わりましたー。

ってくらい、あっという間だった。

もう何時間も待つことになるのかと思いきや、各学校の体育の先生の協力のもと、
ほぼ予定通り行われ、生徒たちも競技に集中することができた。

生徒たちの力強い姿にとても驚いた。
普段ダラダラとしか動かない(笑)生徒たちが思いっきり体を駆使して、

走る!

P1060265_R.jpg

投げる!!

P1060563_R.jpg

跳ぶ!!!

P1060389_R.jpg


私も高校生に戻った気分で、知り合いの生徒を学校かまわず応援する。




午後からはバレー・バスケの試合。
私も指導しているSanfranciscoのチームも参加する。

「のぞみ!試合は2時からだよね!!」と私の指導してる男子生徒が声を掛けてきた。
「1時半にはアップ始めるよ」というと、「Ya!」と、やる気に溢れた表情で、昼ごはんにかけていった。

日系社会の体育館を使ってバレー・バスケットの試合を行う。
私が体育館の責任者とあって、とても気を使った。

というのも、ボリビア人に物や会場をきれいに使うことができないのだ。
ゴミはそこら中に捨てる、ガムやつばを吐き捨てる、トイレもきれいに使えない。
それが日系社会が快く協力できない理由だった。
今回は私が管理徹底をすることを約束して、貸していただいた。

ゴミ箱の設置、ガムの吐き捨て禁止の張り紙、お菓子の売り子の入場禁止など、
子どもたちにあからさまに表示した。
日系社会の空間にいるんだという意識をさせるために。

結果、やっぱりごみは床に散乱していたけど、意識してゴミ箱捨ててくれた子どもたちも多くいた。


二日間に及ぶ試合は大盛況!
男子バスケは決勝まで進み、最終戦も見事勝つことができた。

40分間の全力疾走。速攻しかしらない彼ら。8匹のイノシシたち。怒

練習を始めて3ヶ月。内容はまだまだ薄いものだったが、
それでも生徒たちが協力して得た勝利は、彼らにとって、とても大きかったと思う。


バスケ男子が終わったところで、バレー男子の決勝戦が始まった。

辺りは2校の学校の生徒たちで埋め尽くされた。

「SAN FRANCISCO!!」「Metodista!!」

P1060649_R.jpg


辺りはその叫び声だけで、コーチやプレーヤーの声ももう届かない。

第一セットは惜しくもMetodistaにとられた。
第二セットは声も届かないこの応援の嵐に圧倒されてしまい、SanFranciscoは大きく離された。
流れは完全Metodista。流れの悪いとき、決まって声がでない。
飛ぶのは、失敗を責める声だけ。
バスケのときもそう。出るのは相手を攻める言葉。
落ち着いてプレーをすることがまだまだできない。

試合終了の笛が鳴る。
結果はは残念ながら2位。しかし、終わった後の生徒の顔はすっきり。
まだまだ未熟なんだなって悟った顔をしていた。


わー!!!とMetodistaは優勝を分かち合い、そのまま流れて会場を去っていく。
見ていた観客、他の学校もさーっと引く波のように行ってしまった・・・・・・

P1060779_R.jpg


「あ!!掃除の依頼!!!!」
と、生徒たちに会場の掃除を依頼する余裕もないほどすばやく、嵐は去って行った・・・・・・。

結局掃除は、引き止めることのできたSanFrancisco男子と準優勝の女子チーム。
ゴミを拾って、全コートを雑巾がけ。私は最後の最後までひとりで残って、
徹底的に掃除する。
「使う前より美しく」の日本の常識は、ボリビア人には通用しない。

なんとか掃除も片付け、閉会式。

なぜボールを持って着飾った女の子たちが前に立つ。

P1060797_R.jpg

なんと、スポーツのミスコンをはじめるのだ。
しかも、優勝したのは日系の女の子。

面白いことに、ミスが歩くときに男子たちが自分のシャツを脱いで道に置き、
ミスが踏んで歩くのを「おー踏まれたー!」と言いながら、喜ぶ。
いつの間にか、俺も!俺も!とシャツの道ができ、ミスも苦笑いしながら踏み歩く。
本当にアホなボリ男子たち。笑

P1060798_R.jpg


各種目授賞式も無事終え、最後はチームSanfrancisco全員で円陣、健闘を祝って今大会の終了を迎えた。

今回の大会の運営は、私にとっては大きな収穫だった。
いろんな問題や文句が出たが、大会役員一同協力し合い、運営できたこと。
日系社会とボリビア社会の文化の違いや交流の難しさを知れたこと。
私の同僚たちがしっかり私を「この子はボランティアで子どもたちを成長させてくれている」
と指導者として認めてくれたこと。
私の育てているバスケチームが、オキナワ地区で一位になって、とても喜んでいた姿が見れたこと。

6月にはワルネス郡大会!まだまだ忙しい日々が続きそう。
プロフィール

NozomiToyabe

Author:NozomiToyabe
千葉県出身。
沖縄の名護市から飛んで南米はコロニアオキナワへ。
ボリビアで体育隊員として活動中。帰国の日が近づいて来る中、私ができることって何!?日々奮闘中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。