スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

365日と一週間


基本私は夜まで仕事をすることが多い。
授業にいって、部活動やエアロビ、時間のある限り動き回っていた。
仕事があること、頼られることほど、うれしいことはない。・・・・って思ってる。



そんなある日。
今日も夜の8時まで練習をして、ぐったりしながら家路を歩いてた。

日系人が経営する売店に寄り、ジュースを買って、売店のおじちゃんとはなす。

「やーもー疲れましたよー。練習は楽しいけど、やっぱ一人のときは大変で。」

今日のことや自分の活動のことを話すと、
そのおじちゃんは私にこういった。

「活動がたくさんあることはいいことだけど、ボリビア人と一緒になって仕事しちゃだめだよー。
あんたは日本からわざわざ来て、ルールも何も知らん連中に教えにきたんだ。
ボリビア人と同じように扱われるんじゃ何も意味はない。
普段からもそんな意識をもっていたほうがいい。」

うーーーん。確かに。




私はボリビアに来た当初、そんな意識は持っていたはずだった。

しかし、いろんな挫折によって、その概念は崩されてた。

「ノゾミは(言葉を)わからないから・・・・・」


だから、何でもやってやろうと思って、いろんなところに顔出しては、何でもやった。

関係作りやスペイン語向上のためにも、それが間違っていたわけではないと思うけど、

このやってる感に満足して、マンパワーになっていたんじゃそれこそ何にもならない。

2年間が終わって日本に帰ったとき、何も変わらず、オキナワの改善のないスポーツ環境が残るだけ。



同僚が忙しくていけなくなっていた遠くの小さな学校も、他の職員捕まえていけばいいじゃないか。

協力してくれない体育の先生がいる学校は、残念だけど、もう切り捨てよう。
やる気のある先生に教えれば、何かが芽が生えるかもしれない。

今思えば、ただズルズルと流れて進んでいたような気がする。


今を変えることって難しいけど、変えないと、何も始まらない。
1年前は非日常的だったボリビア生活も、今では日常。

ボリビアにいようが、ボリビア人になってはならない。
日本人のように勤勉に働きたければ、人を動かせ。


今が変えるチャンス。

1年を迎える1週間前の出来事だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

なんか糸口みつかったようでよかったねー!!!
プロフィール

NozomiToyabe

Author:NozomiToyabe
千葉県出身。
沖縄の名護市から飛んで南米はコロニアオキナワへ。
ボリビアで体育隊員として活動中。帰国の日が近づいて来る中、私ができることって何!?日々奮闘中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。