スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンラモン大会

7月半ば(結構前の話になるけど・・・)、任地オキナワから大きな川を車ごと渡り、進むこと4時間のとある町、サンラモンで大会があった。

冬休みの旅行から帰った1週間のことだった。
全く大会のことを聞かされてなかったため、急遽私の指導する高校生男子のバスケチームを呼び集め、
4日間で、大会に備え、基本的なゾーンディフェンスや速攻の仕方など、ぜーったい身につくはずもない戦術を教え込んだ。生徒たちは半分???マークが飛んでいた。

生徒たちは運動神経が良い。小柄な体格だが、スピードや筋力は自信はあるようだ。
前のオキナワ予選で優勝したこともあり、勝ちに行くぞ!と意気込んでいた。




が、結果は全敗。




初の公式戦とあって、それなりの審判がついた。
ほぼすべての動作がトラベリングでゲームが思うように進まず、相手チームの背の高さやテクニックに圧倒され、チームはバラバラ。言葉が消え、みんな意欲も失った。

終いには、イライラし、ボールをコートに叩きつけ、テクニカルファール。
見るに見かねた状態だった。

自信家ぞろいの彼ら。終わったとき、呆然とした顔をして立ち尽くしていた。

バスケットを始めたての彼ら。当たり前の結果と言えばそうだが、かなりショックだったと思う。




去年の12月ごろからバスケットを始めた彼ら。初めはみんな警戒心も強くて傲慢で、
指導したってすぐに「試合やらせろ」ただそれだけだった。指示も適当に聞くだけで、遊ぶようにふざけて練習してた。
ある日は過剰なふざけに我慢ならず、衝突したこともあった。



あれから半年、今は彼らもだいぶ落ち着き、彼ら自身で協力して練習に取り組むようになった。
ふざけたりするときもあるけど、あれは彼らなりのやり方で、私も笑いながら、取り組めるようになった。
お互いが理解し合えればすごく楽しい。彼らも彼らなりにけじめをつけられるようになった。



あの頃を考えると、技術も向上したけど、精神的にかなり成長したなあと思う。すごく大人になった。17歳らしくなった。


なんかもう最後みたいな言い方してるけど、まだまだ先は長い。

この間は目指す大会は今はないけど、そのうち練習試合でも組もうかな。


さあ、今日はトラベリングのくせを直す練習からはじめよう!

P1090331_R.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

NozomiToyabe

Author:NozomiToyabe
千葉県出身。
沖縄の名護市から飛んで南米はコロニアオキナワへ。
ボリビアで体育隊員として活動中。帰国の日が近づいて来る中、私ができることって何!?日々奮闘中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。